iPhone修理を直接メーカーへ依頼する時の心構え

ある程度の時間がかかる

iphone修理は直接メーカーに依頼するか街の修理店に依頼するか判断が分かれます。簡単な修理であれば自分で行うこともできますが、ほとんどの場合修理を依頼することになります。そんな時に直接メーカーに修理依頼をするのは、一番間違いのない選択だと言えます。メーカーなので適当な対応をされることはありませんし、問題を確実に解決してくれるはずです。修理するより買い替えた方が早いという結論に至れば、新たな機種の紹介をしてくれます。しかし、ある程度の時間がかかります。街の修理店とは比にならないほどのお客さんを抱えている訳なので、どうしても時間を要するのです。iphoneはもはや生活必需品なので一秒でも早く修理したいですが、難しいかもしれません。

街の修理店よりも高い

街の修理店は、メーカーと同じような条件で勝負していては到底勝ち目がありません。スピーディーな修理対応やメーカーよりも安い料金設定で生き残る道を模索します。故にメーカーに依頼するだけで数千円ほど高くなってしまう可能性があります。もちろん高いからこそアフターケアもしっかりしていますし、保証も継続されます。ちなみに一度でもメーカー以外で修理をしたり自分で分解すると保証外のiphoneになってしまうので注意が必要です。保証外になると本来であれば無料で受けられるサービスも受けられなくなります。保証が切れても良いと考えている場合は、メーカーにこだわらず街の修理店に依頼した方が賢明です。購入したばかりであれば、少々高くてもメーカーで依頼した方が後悔しません。