iPhone修理を専門店へ依頼するデメリット

品質に問題が出る場合もある

iPhoneの修理を、正規店ではなく専門店に依頼するデメリットとしては、品質に問題が出る場合があるということが挙げられます。正規店の場合であれば、部品を交換する際もメーカーの純正品が使用されるため品質が高いと言えますし、当然、修理の技術も信頼出来ると言えるでしょう。しかし専門店の場合は、料金を安く抑えるために純正品以外の部品や、中古品が使われることもあるので、品質が落ちてしまう可能性があります。それに修理技術に関しても、お店によってバラつきが出る場合があるということが言えます。ただし、技術力が高く信頼出来るお店も多いため、そうしたお店であれば、正規店とそれほど変わらないクオリティでの修理も可能になるでしょう。

メーカー保証が受けられなくなる場合もある

iPhone修理の専門的に依頼するデメリットとしては他にも、正規店以外で修理を行うと、その後にメーカー保証が受けられなくなる場合があるということが挙げられます。ですので、メーカー保証を気にする場合は注意が必要でしょう。しかし修理の内容によっては、正規店以外で行っても保証が継続されるため、どの修理がそれに該当するのかを知っておくとよいと言えます。保証が継続可能な修理内容は、画面やスピーカー、レシーバーなどの交換であり、逆に保証が継続されなくなる修理内容は、バッテリーや基板の交換になります。また、こうしたことから、保証が継続可能な修理内容であれば、正規店だけではなく専門店を利用することを検討してみてもよいと言えるでしょう。